なぜアリソンAT?
運送業者様 輸送生産性 UP
レンタル業者様 稼働率 UP
バス業者様 運行効率 UP
塵芥業者様 作業効率 UP
搭載車両
ボイス
スペシャルコンテンツ

会社案内
製品情報
サービスディーラー
メディア
ダウンロード

MT車ではレンタル車のクラッチが磨耗した際、瑕疵責任を明確にできず、レンタル事業者様が修理費を負担するケースが多くあります。その点、AT車ならクラッチ交換の必要がないため、レンタルユーザーとの折衝が不要。修理費の軽減にもつながります。
さらに、休車時間の短縮、稼働率の向上も見込めます。

クラッチ交換のないAT車は修理費がさほど増えないのに対して、MT車は約2年〜3年毎にクラッチ交換をした場合、4年〜6年目以降はランニングコストの差が拡大。休車時間やサービス人員コストも考えあわせれば、さらにアリソンATがおトクです。

AT限定者や女性、中高年層など、運転技術の高くないドライバーでも扱いやすいのがAT車。レンタルユーザーの幅を広げます。工事現場内の狭い道や悪路でもハンドル操作に集中でき、作業効率の向上に貢献します。

当社試乗会の悪路走行テストにおいて、MT車が半クラッチの多用で焼き付いてしまうような砂利道でも、アリソンATは優れた走行性能を発揮しました。

アリソンATなら「パワーモード」採用により“フル積載”でもパワフルな登坂性能を発揮します。

通常は電子制御されているアリソンATですが、何らかの原因で電源が遮断されると機械式に切り替わり、自走が可能に。自社や整備工場まで自力で帰ってくることができます。